Vocal

高校卒業後、歌手としてデビュー。

主にアメリカを拠点に海外で活躍しており、
一部の音楽好きの間では広く認知をされている。

DEARDROPSのボーカルとして活動する傍ら、
アルバイトをしながら生活をしている。

海外で活躍を続けている翔一と比べて、結果を出せずにいることに
焦りを感じている。

Guitar

お嬢様らしく、おしとやかな物言いと穏やかな性格だが
芯の強い一面も持っている。

卒業後は、いまでは実家の会社の系列企業を1つ任され、
そこで立派に社長業をこなしている。

常識的な考えを持つ歳相応の女の子だが、楽器の扱いなどバンド活動に
関することについては一切の妥協をしない(できない)。

社会不適合者の多いDEARDROPSの中、唯一まともに大学へ進学。
しかし、バンド活動にかまけていたため、単位の多くを落としており
卒業が危ぶまれている。

Drum

きらり、紗理奈、鹿之助が所属した『第二文芸部』の部長であり、
第二文芸部バンドのまとめ役。

一度の留年を経て学園を卒業した後、現在は福祉関係の仕事をしている。

ネコのような奔放な性格の女の子。

卒業後は定職につかず、相も変わらず母親と義理の父親である珠野の
三人で仲良く暮らしている。

第二文芸部の中では、紗理奈と仲がよい。

Bass

『キラ☆キラ』の主人公。
学園卒業後、大学に進学。そのまま就職と堅実な生活をしている。

学園時代以降はバンド活動はしておらず、
社会人になってからは楽器を触っていない。

過去にいくつかのバンドに参加しては脱退を繰り返していたが、
いまではDEARDROPSに腰を落ち着けて活動をしている。

最近では、禁煙を試みるが失敗に終わっている。

Violin

『DEARDROPS』の主人公。

幼少のころからバイオリンを学び、
十代から海外で活躍をしていたがとある事情で退団。そして帰国。

ロックバンド「DEARDROPS」の活動を経た後、
仲間の後押しもあり所属していたドイツの交響楽団へ戻る。

現在では、以前に増して多くの賞賛をもらうまでに成長している。

その他

鹿之助の親友。
インディーズバンド「HAPPY CYCLE MANIA」のギター。

『強面で巨漢』という外見のせいで周囲に恐れられているが、
実際は温厚で人見知りな性格。

ライブハウス「ライブスペース696」の看板娘(その1)。

ライブスペース696のアルバイトとして働く律穂との付き合いが
長くなってきたためか、彼女の保護者然として振る舞うことが増えた。

ライブスペース696の看板娘(その2)。

中学生になり、色々と成長したらしい(本人談)。